増補改訂版 小規模保育のつくりかた

増補改訂版 小規模保育のつくりかた

待機児童の解消に向けて

著:貞松成

書店発売日:2018年2月23日
定価:1,800円+税
ISBN:978-4-87177-344-7

待機児童数が最も多い3歳児までの保育であること、少人数ゆえのケアの手厚さ、参入のしやすさから、待機児童解消の切り札とされるのが小規模保育です。その企画立案から開園、運営まで、最新データを元にあますところなく解説します。


目次
第1章 保育園の経緯
第2章 保育園開業の実態
第3章 開業までのスケジュール
第4章 マーケティングから見た立地選定
第5章 マネタイズ
第6章 行政アプローチ
第7章 魅力ある設計とデザイン
第8章 備品の購入
第9章 開業における税務知識
第10章 リスクマネジメント
第11章 時間圧縮マネジメント
第12章 開業時のトラブルとその解決法
第13章 開業後のチェックポイント


貞松成 (サダマツジョウ)
1981年長崎県生まれ。株式会社global bridge HOLDINGS代表取締役。
大学在学中から少子高齢化問題に取り組み、「おじいちゃんおばあちゃんによる保育」を考える。2007年に保育事業、2008年に介護事業を創業。2010年に、介護と保育を融合させた「かいほの家」事業をはじめる。
著書に『介護と保育で日本を変える 世代間交流施設かいほの家のつくりかた』、『世代間交流施設の挑戦 介護と保育はどのように融合しているか』(編著)などがある。

増補改訂版 小規模保育のつくりかた